RSSはこちら

雑学ネタうんちく【ZATUGAKU119番】話したくなる面白豆知識

博識で話題豊富な尊敬される大人を目指して! ◆面白い◆役に立つ◆為になる◆話をテレビ、書籍等々から抜粋

フリーエリア

スポンサーリンク

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2014⁄12⁄12(Fri)
  • 15:34

引きこもり、自殺は男性が多い理由

引きこもり、自殺は男性が圧倒的に多いのです。
引きこもりの数は男性が女性の2倍、自殺者は男性7女性3の割合です。
脳の脳梁(のうりょう)という部分が、女性の方が太く、左右の脳の伝達が容易です。
つまり、女性は考えたことを口に出すのが得意で、ストレスが溜まりにくい傾向にあると考えられています。

情報元:テレビ番組 月曜から夜更かし (2014年10月27日)
スポンサーサイト
category
心理学・脳科学
  • 2014⁄12⁄12(Fri)
  • 15:24

女性は細かい色の違いがわかる!

男性よりも女性の方が、細かい色の識別ができます。
同じ青でも女性の方がブルー、ターコイズ、エメラルドなど、細かく識別できる傾向があります。
目の構造に男女の差はありませんが、脳の構造に差がある為です。

情報元:テレビ番組 月曜から夜更かし (2014年10月27日)
category
心理学・脳科学
  • 2014⁄12⁄12(Fri)
  • 14:10

先生の思い込みで子供の頭が良くなる! ローゼンタールの実験

アメリカの心理学者ローゼンタールの実験によると、担任の先生に「この子は頭がいい」と言うと、その子は本当に頭が良くなるというものです。
ランダムに選ばれた子でも、先生は天才だと信じて、より丁寧に教える為だと考えられます。
親が子に言うのではなく、指導者を騙すことにより学力が高まるというものです。

情報元:テレビ番組 ホンマでっかTV (2014年1月29日)
category
心理学・脳科学
  • 2014⁄11⁄14(Fri)
  • 13:51

情報源は大切でなくなる スリーパー効果

時間が経過するにつれ、情報源の重要性が薄れていくことをスリーパー効果といいます。
情報源が新聞かテレビか週刊誌か、それとも近所のおばちゃんなのか。情報のみが大切になり情報の信憑性がだんだん薄れていくのです。
信憑性の高い情報の信頼度は下がっていき、信憑性の低い情報の信頼度は不思議と上がっていくのです。
category
心理学・脳科学
  • 2014⁄11⁄04(Tue)
  • 15:48

連続犯の住所がわかる? 円仮説

連続犯の犯行現場から住所や職場を特定する方法に利用されるのが円仮説です。
最も離れた犯行現場を結んだ線を直径として書かれた円の中に、犯人の住所や職場、学校等がある可能性が高いという地理的プロファイリングの手法です。
category
心理学・脳科学
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。